ギフテッド(天才児)

ギフテッド(天才児)
9歳のギフテッドの進路

9歳の時、カナダ政府にギフテッドに認定された大川翔くんをご存知ですか?
5歳の時、両親の仕事の関係でカナダへ渡り、12歳で高校へ飛び級進学して
14歳でカナダの名門大学5校に合格しました。
その後、各大学が高額の奨学金を提示し、翔くんの争奪戦が話題となりました。

12歳のときに日本に帰る予定で、日本の私立中学を受験して合格していました。
しかし、将来について家族でいろんな角度から何度も何度も話し合い、
カナダでの飛び級進学を選択したそうです。

9月からブリティッシュコロンビア大サイエンス学部に進学することが決まっているそうです。

面白い教育システム

翔くんが通っていた高校の教育システムが面白いです。
得意な科目があれば、能力や意欲に合わせて、どんどん先に進めるシステムだそうです。

しかし、このシステムはカナダで一般的なモノではなく、この高校の校長先生が
まだ普通の教師の頃に提唱したシステムだそうです。
20年経ち、校長として学校に戻ってきた先生が始めたこのシステムも、
最初は周りから上手くいくはずがないとバカにされていたというのです。

成功した今では、世界中から年に数百人も視察に来るようになり、入学希望者も殺到。
ウエイティングリストができるほどだそうです。

この先生の信念は本当に素晴らしいですね。
子供の教育にとって、どんな学校でどんな先生と出逢うかという環境は
子供の将来を左右するほど大きいモノだと思います。

また、この高校では学年の初めに1年分の宿題をもらって、自分の好きなペースでやるのだそう。
授業も自分のペースに合わせて進められ、テストをパスすれば、1年分の勉強が2ヶ月で
終わることも可能だそうです。
ただ、学年の飛び級というのは、そうそうあるものではないようです。

自分のペースで勉強を進められるのは素晴らしいことだと思いますし、
理想とすることろですが、1年分の宿題を最初にもらった自分を想像したら
絶対に最後の方に泣きながらやってますね(笑)
計画を立てるということが自然と身に付くシステムなのかもしれません。

隠れたギフテッド

日本にも翔くんのようなギフテッドはたくさんいると言われています。
翔くん自身も、日本には飛び級制度やギフテッド教育システムがないから
表に出てこないだけでは?と言っています。

さらに翔くんは、そういうシステムは日本を元気にすると思うと言っています。
日本人は謙虚で礼儀正しくて素晴らしいですが、ごく稀にいる翔くんのような存在が
存分に活躍できる場がないですよね。
そういう人たちが外国で活躍しているのは、日本にとっても大きな損失だと思います。

母親の教え

翔くのお母さんは「勉強しろ」とは言わず、「早く寝なさい」と言うらしいです。
遅くまで勉強していると、「なんで勉強してるんだ、早く寝なさい!」と怒られると言っています。
意外なように聞こえますが、子供の成長にとって睡眠はやっぱり大切ですよね。
ウチもなるべく早く寝るようにベッドへ促すようにしています。

あと、翔くんのお母さんは、本の読み聞かせもイイと言っています。
当然、最初は英語ができなかった翔くんですが、本を読み聞かせたり、
子供扱いせず、大人と同様に話し掛けることで、英語のスキルを身に付けていったそうです。

英語に限らず、読み聞かせは良いモノと我が家では考えています。
だから、テレビを見せるよりは絵本を読んであげるように心掛けています。
まぁ、ウチの子はギフテッドではありませんが…(笑)

子供の将来をしっかりと考える(これが親のエゴであってはいけないのですが…)こと、
睡眠、読み聞かせが子供の成長には大切なことなど、共感できる点が多いなと感じました。


 

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)