子供にかけるお金 ~ 全体像 ~

子供にかけるお金 ~ 全体像 ~
目をそむけられない話

子育てに毎日奮闘して、日々が過ぎていきますが、
しっかりと子供と自分たちの将来に目を向けるとどうしても避けられないのが
「お金」の話です。

今は、小さくて大してお金も掛からず育てられていますが、
成長していく中で、絶対に教育資金は必要になってきます。
いざという時に慌てないように、知識を得て、今から行動しておく必要があります。

ピークを迎えるその前に

教育資金は、幼稚園や保育園の月謝、私立の中高へ通わせる学費、塾代など様々です。
しかし、一番のピークはやはり大学進学と在学中の費用です。
特に入学年度には入学金と授業料をまとめて支払わなければならないので相当な負担になります。
授業料は大抵の場合、前期と後期の2回に分けて支払います。

【 参考 】
・国立大学の場合 … 年間80万円強(入学金:28万2000円+授業料:53万5800円)
・私立大学の場合 … 年間120万~160万円

自分も理系大学に行かせてもらったので、かなりの学費を親が払っていてくれたんだと
改めて実感しました。
しかも、親不幸なことに、学校をサボりまくって1年留年しているので、
本当に申し訳ない気持ちで一杯です…(涙)

1000万円以上!

高校から大学卒業までに掛かる教育費は1000万円以上と言われています。

【累計】高校1~3年
335万2000円
【累計】大学1~4年
707万1000円
高校1年 高校2年 高校3年 大学1年 大学2年 大学3年 大学4年
146万2000円 94万5000円 94万5000円 249万9000円 152万4000円 152万4000円 152万4000円
【合計】高校1年~大学4年
1042万3000円

※学校教育費(授業料、通学費、教科書・教材費など)と、家庭教育費(学習塾、家庭教師の月謝、参考書・問題集代など)を合わせた費用です。
※「国の教育ローン(平成23年)」を利用した世帯へのアンケート結果。

教育費用を見てみると、自分が思っていた以上に掛かることに驚きますし、
さらに自動車免許取得費用や、月々のお小遣いやら成人式なんかもあったりして
この表に示されている以上に必要な費用はありそうですね。怖いです…(笑)

我が家の現状

やっぱり、今のままでは厳しいんだと再確認しました。
今のままでは、子供にやりたいことをやらせてあげられない。
大学進学すら諦めてもらうことになりかねない!
そんなことは絶対にさせたくないので、もっともっと頑張りたいと思います!

教育費については、親として知っておくべきことですし、もっと自分でも勉強したいので
細かく分類して書いていこうかと思います。
何か、ご指摘などありましたら、教えていただけると助かります~。


 

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)