子供にかけるお金 ~奨学金について ~

子供にかけるお金 ~奨学金について ~
奨学金制度

子供の教育費は大学入学から卒業までに数字で見ると恐ろしいくらいの金額が必要になります。
具体的にはこちらの記事に書いています。
>>> 「子供にかけるお金 ~大学編 ~」

何とかそれまでに教育資金として貯めなければいけないのですが、
万が一の場合は、「奨学金」という制度が利用できます。
私の大学時代の友人も奨学金を借りて通っていました。

奨学金制度の目的は、十分な学力や能力を備えているにも関わらず、
経済的・金銭的な理由により進学が難しい学生に対し、学費や生活費の支援をすることにより、
学生が自立して学ぶ環境をととのえるためとされています。

そのため、、学生本人に貸与し、卒業後、学生本人が返還していくものになっています。
つまり、親ではなく子供が借金をして大学に通うということですね。

奨学金の種類

奨学金にも様々な種類があるようです。
もっとも利用されているのが、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金であり、
国内奨学金と海外留学のための奨学金があります。
海外留学にも奨学金制度が利用できるのですね。知りませんでした…。
日本学生支援機構の奨学金詳細は以下の表をご覧ください。

第一種奨学金(利息無)
第二種奨学金(利息付)
学力基準 高校の平均成績値が3.5以上 高校の成績が平均水準以上や、学修に意欲があり学業を確実に修了できる見込みがあると認められるなど
家計基準
(世帯収入上限の目安・4人家族の場合)
給与所得者:収入890万円
それ以外:所得404万円
給与所得者:収入1142万円
それ以外:所得656万円
1ヶ月に借りられる金額 国立/自宅通学 4万5000円(4万5000円)
国立/自宅外通学 5万1000円(5万1000円)
私立/自宅通学 5万4000円(5万3000円)
私立/自宅外通学 6万4000円(6万円)
上記の金額以外に国立・私立や通学形態を問わず、3万円も選択できる
大学や通学形態を問わず
3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択。
私大医学・歯学・薬学・獣医学課程は増額が可能

※( )は短大の場合
※家計基準は、世帯人数が異なる場合や、第一種・第二種両方を利用する場合には異なる
※在学採用(緊急・応急採用を含む)の場合は異なる

 

その他にも「防衛省貸費学生制度」「医学生向け就学資金貸与制度」
「地方公共団体の奨学金」「民間育英団体の奨学金」「大学独自の奨学金」
などといったものもあります。
それぞれ、利用するには条件がありますので、利用する際には内容確認が必要です。

また、奨学金には「給付」「貸与」という種類もあるようです。
「給付」は、返還する責務はなく、将来、社会一般に寄与できる見込みがある人材として
判断された学生が対象となります。
「貸与」は、卒業後に返還する必要がある一般的な奨学金です。

頭の良い中学時代の友人が、私の進学した大学ならセンター試験の結果のみで、
学費免除で通えると行っていた記憶がありますが、奨学金給付型ということだったのかな?
奨学金の申請は大学を通して行うのが一般的なので、
大学側の優秀な学生を獲得したいという思いとは一致すると思います。
結局は、学費を払って誰でも名前を知っているような大学に行きましたが…。

ギリギリまで頑張る!

教育費のほとんどを占める大学入学から卒業までの学費等の教育費ですが、
奨学金制度を利用すれば、「何とかなるかも。」と思ってしまいます。
しかし、奨学金は子供が背負う借金です。できれば利用させたくないですよね。

ファイナンシャルプランナーの方が言うには、「奨学金は最後の切り札」だそうです。
奨学金の返済は我が子の未来に大きな影響を与えると言っています。
例えば、子供が大きくなり住宅ローンを組む時など、月に8万円の返済能力があっても、
奨学金を月々2万円返していれば、6万円の返済能力というように査定で
返済能力を下げられてしまう可能性があるそうです。

一度奨学金という鎖に我が子を繋いでしまうと、その鎖は我が子が孫を持つぐらいまで
切れずに影響してしまうこともあるので、借りる前によく考えて慎重な判断が必要で、
親御さんにはギリギリまで頑張ってほしいとも言っています。

子供に借金させたい親なんていないと思いますが、どうしてもの事情で奨学金を利用するのは
仕方のないことだと思います。それほど多額の資金が必要です。
しかし、ファイナンシャルプランナーの方が言うように、私はギリギリまで頑張りたいと思います!
お金のあまり掛からない子供が小さいうちから、
将来の教育資金を見据えて行動していくことが大切なんだと痛感しています。


 

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)