子供にかけるお金 ~ 教育資金の貯め方 ~

子供にかけるお金 ~ 教育資金の貯め方 ~
基本

前回の記事で、奨学金は子供が背負う借金であって、最後の切り札であること、
そして、親はギリギリまで頑張るべきであることを書きました。
(前回の記事 ⇒ 「子供にかけるお金 ~ 奨学金について ~」

では、具体的にどうやって頑張ればよいのか、教育資金を準備すればよいのかを
今回は勉強したいと思います。

基本は、銀行の積立定期や貯蓄性のあるこども保険など、安全性の高い金融商品です。
一発勝負ではなく、コツコツと積み立てることが当然ながら基本となります。

なぜなら、教育資金は必要になる時期がある程度決まっているお金だからです。
高校入学時に必要なお金は15歳の時、大学入学なら18歳の時に必ず必要になります。
車や家を買う時のように、お金が足りないからといって時期を延ばすことはできません。
だからこそ、必要な時期にどうなっているか分からない運用型商品で大きく増やそうとせず、
コツコツと積み立てていくことが大切です。

400万円を貯める方法

子供の大学進学のために貯めておきたい目標金額は200万~400万円と言われています。
これから増え続ける生活費や、兄弟がいる場合などを考えるとかなり難しく思える金額です。
しかし、多くの人がもらうことができる児童手当を教育資金として貯蓄していくだけで、
ほぼ200万円貯められる事実に気が付いていない人は多いです。

【 児童手当の基本ルール 】

0歳~3歳未満
一律 1万5000円
3歳から小学校修了前(第1子、第2子)
1万円
3歳から小学校修了前(第3子)
1万5000円
中学生
一律 1万円
所得制限以上の場合
一律 5000円

3歳の誕生月の翌月から15歳の年度末まで、月額1万円となるのですが、
これは誕生月によって有利不利があって、4月生まれの子と3月生まれの子では
11ヶ月ももらえる月数が違ってしまうので、11万円の差が出てしまいます…。
文句を言ってもしょうがないので、もらえるだけ良しとしましょう!

もらえる金額の合計を計算してみると、こうなります。

【 1人目と2人目の子供の場合 】
(3月生まれの場合)
1万5000円 × 36ヶ月 + 1万円 × 144ヶ月 = 198万円
(4月生まれの場合)
198万円 + 11万円 = 209万円

【 3人目以降の子供の場合 】
1万5000円 × 144ヶ月 + 1万円 × 36ヶ月 = 252万円 + α(生まれ月による)

【 所得制限世帯の場合 】
5000円 × 180ヶ月 = 90万円

いかがでしょうか?
この児童手当を貯めた約200万円にプラスして、200万円のこども保険に入れば、
合計が目標額の400万円になります。
0歳の時にこども保険に入ると、保険料は月8000円強くらいです。
月8000円が厳しければ、こども保険を100万円のものにすると、
月5000円を切る金額で入れます。

ポイント

児童手当を貯めるにせよ、こども保険に加入するにせよ、
『いかに早く始めるか』が大事です。
コツコツ積み立てた教育資金が300万円~400万円あれば、残りの金額は何とかなるそうです。
最初の1~2年間くらいは貯めた教育資金を使って、家計から出さなくても良い間に
3~4年生分の準備をすれば大丈夫とファイナンシャルプランナーの方はおっしゃっています。

こども保険

さて、児童手当を貯めることは「やる」と決めて、行動するだけです。
しかし、こども保険は各保険会社から出ていて、どれが良いのか判断が難しいかもしれません。
選ぶポイントは、『元本割れしない貯蓄性の高いこども保険』を選ぶことだそうです。
支払う保険料の総額と、受け取れる保険金の合計額を比較してから加入しましょう。

保険内容によっては、計算方法が複雑でよく分からないこともあるかもしれません。
そんな時は、一人で悩まず、例えば下記のようなプロに相談する事が最善策です。

>>> 世界トップクラスの保険コンサルタント「MDRT」による無料保険相談

面倒に感じて抵抗のある人もいるかもしれませんが、今は相談も無料で出来ますし、
相談したからと言って、契約しなくてはいけないモノでもありません。
最大のメリットは、今行動を起こすことで将来が大きく変わることです。
こども保険を検討したい方は、プロの意見を参考にして選ぶことをオススメします。

ウチの子はもうすぐ4歳なので、こども保険を知った時、
早く加入しておけば良かったなぁと思いました。
嫁ともよく相談して、こども保険に加入するかどうか、
加入するのならやっぱりプロの意見は一度聞いてみたいと思います。


 

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)