一つの物事の考え方

一つの物事の考え方
角度を変える

一つの物事も、角度を変えて見たり考えたりすることが大切だと思っています。
自分はそうするように心掛けているつもりですし、子供にもそう教えたいです。

ショッキングな記事

最近では、「集団的自衛権」に関する憲法解釈について
議論が繰り広げられ、現政府は憲法9条を変えることなく、
解釈の変更によって「集団的自衛権」を認める閣議決定を行いました。

私は、いかなる理由があろうとも戦争には反対です。
それが、あまい考えだとか、きれい事だとか、何も分かっていないとか
様々な批判や非難を受けようとも、自分の考えは変わりません。

ですから、「集団的自衛権」を認めると言い出した時、迷わず反対でしたし、
戦争に巻き込まれる可能性は高くなったのは事実だと思います。

しかし先日、そんな私にはショッキングな記事を読みました。
その記事には、こう書かれていました。

『日本が戦争を放棄しても、戦争は日本を放棄してくれない』

つまりは、今もどこかで起きている戦争に日本はいつ巻き込まれてもおかしくないと言っています。
この記事では、「だから、現実としてどう対応するのか?」ということに対して
「見方を増やし、敵を少なくする」ことが大切だと言っています。
そして、集団的自衛権を認めることは、それに繋がるのだと。

集団的自衛権に反対するのなら、集団的自衛権なしでなぜ安全が確保できるのかを
説明しなくてはならないと言っています。

本当に大切なこと

「集団的自衛権」容認の賛成と反対で意見は違いますが、
この記事の角度から考えれば、言っていることは理解できるような気もしました。
また、外交によって「見方を増やし、敵を少なくする」ことは、私も大切だと思っています。
(私は、集団的自衛権がなくても外交によってそれが可能だと信じているのですが…。)

でも、表面上の見方をいくら増やしたところで、深い信頼で結ばれていないと
いざ本当に助けてほしい時に、助けてくれる仲間が増える事には繋がらないと思います。

過去の日本の戦争の歴史の中で、同盟国からの裏切りだって事実としてあったからです。
所詮、紙切れの繋がりなど本当の窮地に立ったとき、何の役にも立たないのですから。

「集団的自衛権」という行動の元には、戦いすなわち戦争があります。
「いざという時、共に闘おう!」というより、「戦わないために協力する」ためには
「集団的自衛権」という繋がり以上の繋がりが必要不可欠なんだと思います。

持論

この記事を読んで、あらためて日本の平和を守るためには、
我が子や子孫が安全に暮らしていく根底を作るためには、
心の底から信頼できる仲間(国)を増やすことだと思いました。

実生活でも信頼できる仲間は大切です。
いじめ問題などが大きく取り上げられて、我が子は大丈夫かと心配になりますが
信頼できる仲間がいれば、きっと大丈夫だと思います。

我が子のこれからの人生において、信頼できる仲間との出逢いと
その絆を大切にしてくれることを祈ります。

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)