子供たちのために投票するということ

子供たちのために投票するということ
選挙がやってくる

突然の衆議院解散による選挙が
莫大な税金を使用して実施されます。

投開票日は12月14日(日)に決まりました。

安倍首相が解散する意思を示した時から
テレビのニュース番組等で、街を行き交う人々に
選挙の意義や投票するかを質問したりする
街頭インビューをよく目にするようになりました。

また、新聞でも各界を代表する人たちによる
政策に対する意見や投票する・しないなどの
記事も目にします。

私がいつも気になっているのは、
『投票しますか?』
という質問に対する答えです。

もちろん各党の政策や理念は重要ですが、
選挙の大前提である「投票する」という
行為自体を、実行するのか、しないのか。

視点を変えるということ

私は投票します。

「投票しない」と答えている人の

『自分の1票では、何も変わらない。』
『魅力的な人がいない。』
『今回の選挙の意義が分からない。』

という意見もよく分かります。
しかし、もう選挙が行われることは決まっていて
投開票日も迫っています。
今、意義とか考えてもしょうがないじゃないですか。

それに、そもそも選挙の意義なんてものは
各個人が決めるべきであって、
他人から教えてもらうことではないと思っています。

問題なのは、
『投票しても何も変わらない』
と思っている人がめちゃくちゃ多いことです。
テレビでも新聞でも本当によく見聞きします。

私がそんな人たちに偉そうにモノを言える立場では
ないですが、私個人の意見としては

『視点を変えてほしい』

と思っています。
「何も変わらない」と考えている人は
「すぐ変わらない」と思っていませんか?

選挙で選んだ人間が、これからの日本の
方向性を決め、そこに向かうために法律や
ルールを作るんです。

変化には時間が掛かります。
そして、その変化した社会の主役は
今の子供たちです。

私はこう考えています。

今行う選挙は、子供たちのための選挙だと
私は思っています。

子供たちがどんな日本で暮らしていくのか。

子供たちにどんな日本を残したいのか。

そう視点を変えて、是非多くの方々に
投票という行動を起こしてほしいと思います。

最後に…

「投票しても変わらない」のではなく、
投票しないことが変わらない原因であるという
証拠がこちらからご覧になれます。

>>> 「投票率1割で政権を取る可能性」


 

URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)